運営:行政書士・FPしゅくわ事務所  0956-56-8102


民事信託プロデュース報酬表

信託財産価格 報酬額(消費税別)
3000万円以下 30万円
3000万円超1億円以下

財産価格の1%

 1億円超3億円以下の部分

 財産価格の0.5%

3億円超5億円以下の部分

財産価格の0.3%

5億円超10億円以下の部分

財産価格の0.2%

10億円超の部分

財産価格の0.1%

 

例)信託財産価格2億円の場合

  1億円×1%+(2億円-1億円)×0.5%=150万円(消費税別)

* 特殊事情により難易度が高い場合、30%の範囲で報酬を加算することがあります。

* 財産の価格は、固定資産税評価額等の客観的に判断できる価格によります。

* 別途不動産登記費用、登録免許税、公証人手数料、交通費その他実費等が必要になります。

民事信託組成プロデュースの内容


1.民事信託(家族信託)の設計

 

2.戸籍、登記情報等資料収集

 

3.推定相続人関係図作成

 

4.信託契約書の作成(公正証書又は宣誓認証)

 

5.不動産がある場合の、提携司法書士への引き継ぎ

 

6.親族、金融機関、不動産管理会社、税理士等関係機関への説明

 

7.信託口口座の開設手続きサポート

 

8.民事信託(家族信託)導入後のご相談窓口

 

以上は、上記報酬表に含まれます。

 

以下の項目は、必要であれば別途報酬で承ります。

 

9.信託監督人や受益者代理人への就任。(1万円/月~)

 

10.任意後見契約書作成

 

11.任意後見人受任

 

12.遺言書作成

 

13.遺言執行者就任


モデルケース


例)自宅及び金銭信託(信託財産 3,000万円)の場合

 

①民事信託(家族信託)プロデュース  300,000円(税別)

 

②信託契約書の公証役場宣誓認証手数料   11,000円

 

③不動産の信託登記(固定資産税評価額1500万円)  司法書士報酬 50,000円 

                         登録免許税  60,000円 

              

合計 421,000円(税別)


お支払いは、現金又は銀行振り込みでお願いいたします。

小切手・手形・クレジットカード・仮想通貨等は受け付けておりません。


《振込口座》

十八銀行 川棚支店 普通1030394

名義 シュクワ ノリユキ


成年後見制度を利用した場合の費用


認知症で財産管理が出来なくなった場合、成年後見制度を利用することで資産の管理をすることができます。

 

この制度は、意思表示ができない本人を守るための制度としてあるため、民事信託(家族信託)のような財産活用ではなく、財産保全が目的とされます。本人以外の家族のために使うことが原則不可となります。

 

後見人は、家庭裁判所が選任し、現状親族が後見人として認められる割合は3割にもなりません。弁護士や司法書士などの専門職が後見人として選任されることが多いのです。

 

専門職後見人には報酬が発生しますが、その額は財産価格などにより裁判所が決定しますが、月額2万円~6万円となります。成年後見は被後見人がなくなるまでつ続きます。

 

例えば財産額が5000万円で、月額報酬5万円と決定した後見が10年続いた場合

 

後見人の報酬 5万円×12月×10年=600万円

 

後見がスタートすると、家族は後見人にお伺いをしながら本人の財産を使うことが続きます。

このため、認知症になっても、資産を凍結させたまま本人が亡くなるまで、家族の財産で何とかしのぐという方がほとんどです。