遺言と信託の相続での位置


遺言で解決できない問題も民事信託(家族信託)を使えば解決できるようになりました。

 

では、遺言は不要になったのでしょうか?

 

委託者の財産の中には、信託財産にできないものもありますし、受託者に任せるべきでない財産もあります。これを補完するために、信託設定した場合でも遺言は必要になることが多いのです。