受託者の競合行為 · 25日 8月 2020
受託者は、信託目的に従い受益者の利益を守るために信託事務を行います。 信託事務の中には、受託者と受益者の利益が相反する場合もあります。 この場合、受託者の利益を優先させることが全くできないということでは、受託者に酷な状況も発生します。どのように利益を調整すべきなのでしょうか。長崎で民亊信託(家族信託)の普及に奮闘するしゅくわ事務所代表の宿輪が考えます。
信託が終了したとき、残りの財産は信託で決められた人に所有を変更します。不動産の場合、相続であれば登録免許税は0.4%それ以外は2%となります。不動産は評価額が大きいですから、1.6%の違いは相当な金額になります。信託の場合、残余財産の権利帰属者が委託者の相続人であっても、契約書の書き方で0.4%になったり2%になったりします。長崎の民亊信託(家族信託)専門事務所しゅくわ事務所の代表宿輪が解説します。
27日 6月 2020
遺言が無く相続が発生したとき、 遺産分割協議で遺産の分割方法を決めます。しかし、認知症などで意志能力が無い人は協議に加わることが出来ません。 後見人を代理人として協議をすれば可能となりますが、その協議には様々な困難が発生します。このとき、信託の受益権を使って解決することも可能な場合があります。
24日 5月 2020
こんにちは、信託コンサルタンタントの宿輪です。 民事信託(家族信託)は、制度ができてから10年以上経ちますが、実際に使われ出したのは最近の事で、身近で実例を見た方は少ないと思います。 この「信託情報」では、皆様の信託に対する疑問をランダムに取り上げ解説しています。
民亊信託(家族信託)は、後見と異なり、家庭裁判所が関与しません。法律知識が無い当事者だけで運用します。誤った認識があると、トラブルに繋がります。 問題なく信託を運営できるようにするためには、当事者の理解が必要。 その為には、理解する迄相当回数の説明が必要です。リアルに集まるのは難しいことが多いですが、オンラインがあります。 各人、PCの前に座ることができれば、専門家を交えた協議が可能になります。 弊所は、長崎県の片田舎にありますが、Web会議室を使って、世界中に散らばる当事者に情報,知識を発信し続けています。
06日 5月 2020
こんにちは、信託コンサルタンタントの宿輪です。 民事信託(家族信託)は、制度ができてから10年以上経ちますが、実際に使われ出したのは最近の事で、身近で実例を見た方は少ないと思います。 この「信託情報」では、皆様の信託に対する疑問をランダムに取り上げ解説しています。
日本の持ち家率は非常に高く、高齢者では高齢者の8割は持ち家と言われます。この持ち家を、自分で住みながら生活資金をするような民事信託(家族信託)も可能です。長崎、佐世保で民事信託の専門事務所として活動するしゅくわが解説いたします。
03日 4月 2020
こんにちは、「民事信託・相続コンサルタントしゅくわ事務所」 代表の宿輪です。...
事業承継に民事信託を利用する例が長崎でも増えています。 自社株を信託財産として、社長が元気なうちに経営金を委譲して、後継者をそだてながら盤石な事業承継を図るものです。 これ以外にも、社長の会社への貸付を信託すれば相続発生時の経営を安定化させることが可能です。 長崎の中小企業を健全な形で残すため、民事信託を活用しましょう。
05日 3月 2020
信託長崎で取り扱う民事信託(家族信託)も、先々の事も考慮した上で組成しますが、状況の変化により内容を変更したくなる時があります。 どのような手続きをすれば、変更できるのでしょうか。

さらに表示する