29日 6月 2021
信託で遺産分割
長崎、佐世保の信託はお任せ。民事信託コンサルタントのしゅくわです。 民事信託は、高齢者の認知症対策と思っている方が多いようですが、実はいろいろな活用があります。 今回は、兵頭に分けるのが難しい遺産分割に民事信託(家族信託)の利用をご提案します。
13日 6月 2021
教育資金援助。贈与税特例か民事信託か?
孫への教育資金援助を考えるとき、贈与税を回避するために、教育資金一括贈与の特例がありますが、あまり使いやすくないようです。家族内で民事信託(家族信託)を運用すると、希望する援助が銀行などの関与なしに実現可能です。
08日 4月 2021
一人暮らしの高齢者が急増しています。 厚生労働省作成の「高齢社会白書」によると、65歳以上の一人暮らしは、1980年に88万人だったところ、2015年には593万人となっており、2040年の予測は896万人となっています。 一人暮らしでも、頼れる親類がいる方もいますが、親せき付き合いもなく、面倒なことを頼める人がいない方も増えているようです。              
03日 3月 2021
こんにちは、信託コンサルタンタントの宿輪です。 民事信託(家族信託)は、制度ができてから10年以上経ちますが、実際に使われ出したのは最近の事で、身近で実例を見た方は少ないと思います。 この「信託情報」では、皆様の信託に対する疑問をランダムに取り上げ解説しています。
11日 1月 2021
銀行の家族向け信託
民事信託は、家族が受託者となることにより、費用が掛からず自由な管理処分が可能になります。しかし、身近に受託者となれる者がいない状況もあります。そのような場合は、成年後見制度もありますが、銀行の家族向け信託を利用するのも一考に値します。
民事信託の善管注意義務
民事信託では、原則として無償で受託者は信託事務を行います。 信託財産の管理に対しては、善管注意義務が課せられます。善意の管理者としての注意とはどういうことでしょうか。長崎の民事信託コンサルタントしゅくわが考えます。
民事信託を勧めない · 10日 11月 2020
民事信託を勧めない場合
民事信託(家族信託)は、家族の財産を、認知症などで凍結することなく家族で管理できる素晴らしい制度です。弊所は、長崎で信託を普及すべく活動していますが、家族全員が民事信託を希望していても、お断りする場合もあります。
21日 10月 2020
委託者の持つ上場株は、これまで信託できず現金化して信託していました。しかし最近になり、ネット証券を中心に信託口口座開設できる証券会社が出てきました。 実際はどのような対応となるのでしょうか。長崎で民事信託(家族信託)の普及を目指す元バイク屋の行政書士‣FP宿輪が解説します。
19日 10月 2020
長崎県の信託コンサルタント事務所代表の宿輪です。後見制度支援信託という制度の利用件数が増えています。いったいどういうものなのでしょうか。いわゆる民事信託(家族信託)とは全く別物の制度です。
15日 10月 2020
民事信託の変更について考えます。民事信託コンサルタント宿輪です。長崎県で民事信託を専門に取り扱っています。 信託は、その期間が長期に及ぶ場合が多いです。組成時点で終了が30年以上先を想定するような契約もあります。途中で何か(事故・災害・法改正・親族間の喧嘩・・など)あり、信託の内容に支障が出た場合はどうすればいいのでしょうか。ある一定の制限の範囲で変更をすることが可能です。

さらに表示する