受益者代理人って? · 07日 12月 2018
家族信託の主要登場人物は、委託者・受託者・受益者の3人です。受託者が信頼されていて、信託財産の管理に心配のない場合は、これだけで成り立ちます。  しかし、受益者が受託者の仕事ぶりを監視したり、金銭の給付を請求したりすることが困難である場合、受益者代理人を設定することがあります。
04日 12月 2018
 家族信託の主要登場人物は、委託者・受託者・受益者の3人です。受託者が信頼されていて、信託財産の管理に心配のない場合は、これだけで成り立ちます。  しかし、受託者の仕事ぶりを監視したり、アドバイスする人が必要な場合に「信託監督人」の出番となります。
80歳の一郎さんには、一人息子の二郎さんがいましたが事故で亡くなりました。そのため、一郎さんの相続人は孫の三郎さん一人となります。 しかし、三郎さんはまだ未成年ですので、相続後はその財産を管理するのは、法定代理人(親権者)の一子さんになります。実は、一子さんは浪費家で一郎さんとも仲が良くありません。一郎さんは、三郎さんが相続するのはいいのですが、一子さんに無駄遣いされてしまうことが心配でなりません。
27日 11月 2018
中小企業の企業承継が危機的状況になり、後継者不在の廃業が急増している状況を打破するため、自社株譲渡が非課税となる特例が施行されています。 2023年3月までに届け出をすることが条件ですので、後継者選定は待ったなしです。 後継者をお試しできる、信託活用方法とは・・・
21日 11月 2018
銀行の信託と言うと、投資信託のように利殖のための信託が頭に浮かびますが、最近では、家族信託に似た福祉型信託も発売されています。 家族信託との違いはどこにあるのでしょうか?
08日 11月 2018
相続トラブルは、遺産分割協議の際に発生することがほとんどです。この協議を無しに、遺産が分割できるようにするのが「遺言」と「民事信託(家族信託)」です。 では、遺言と信託で内容に相違が合った場合、法的にはどちらが優位になるのでしょうか。
06日 11月 2018
信託財産は、「委託者の財産から分離可能な管理承継できる価値のある財産」です。 法律上の記載としては、「受託者に続ずる財産であって、信託により管理又は処分をすべき一切の財産をいう。」となっています。 分かりやすくいうと、どういうことでしょうか?
02日 11月 2018
信託をスタートすると、その時から受託者には受益者のために信託財産を管理する責任が発生します。 受託者の判断で、管理しますが受託者の勝手に使っていいわけではありません。受益者などから請求があれば、資料を提示して説明する必要もあります。 会社であれば、経理担当がしてくれる業務ですが民事信託(家族信託)の場合、受託者がすることになります。どのような帳簿を作成すればいいのでしょうか。
29日 10月 2018
民事信託(家族信託)は契約ですので、始まりと終わりがあります。 始まりは、契約締結後、口座を開設したり登記を変更したり、さらには帳簿を付けたりとイメージしやすいと思いますが、終了の作業はどのようなものでしょうか。 何をすれば、終わりと言えるのでしょうか。
18日 10月 2018
家族信託は、長期間にわたることが多いと思います。 信託設定当時は最善策であった内容が、社会状況の変化や法改正などにより、信託の目的達成が困難になることもあります。 そのようなとき、信託の変更はできるのでしょうか。 どのような手順で変更をするのでしょうか。

さらに表示する