事業承継に民事信託を利用する例が長崎でも増えています。 自社株を信託財産として、社長が元気なうちに経営金を委譲して、後継者をそだてながら盤石な事業承継を図るものです。 これ以外にも、社長の会社への貸付を信託すれば相続発生時の経営を安定化させることが可能です。 長崎の中小企業を健全な形で残すため、民事信託を活用しましょう。
05日 3月 2020
信託長崎で取り扱う民事信託(家族信託)も、先々の事も考慮した上で組成しますが、状況の変化により内容を変更したくなる時があります。 どのような手続きをすれば、変更できるのでしょうか。
11日 1月 2020
こんにちは、「民事信託・相続コンサルタントしゅくわ事務所」 代表の宿輪です。...
遺留分の侵害があった時、以前は不可分財産に関しては持分を分割することが原則でした。そのため、土地などは共有状態となり、売買などの処分が出来なくなることが多く、所有者不明土地の発生原因とされてきました。改正相続法では、遺留分はお金で解決することが原則となりましたが、受益権に対して遺留分が発生した場合にはどうなるのでしょうか。
こんにちは、「民事信託・相続コンサルタントしゅくわ事務所」 代表の宿輪です。...
04日 9月 2019
こんにちは、「民事信託・相続コンサルタントしゅくわ事務所」 代表の宿輪です。...
13日 7月 2019
判断能力に問題がある方を守るための制度としては、後見制度があります。 しかし、この制度では家庭裁判所が関与した管理となり、面倒な手続きや費用が発生してしまいます。 民事信託(家族信託)を使えば、家族が裁判所の関与なく、財産管理を続けることができます。
家族信託VS成年後見 · 04日 6月 2019
民事信託(家族信託)と任意後見は補完しあう関係でもあり、同時に成り立つ制度です。 しかし、後見制度の中でも「成年後見」はどうでしょうか。 これは注意しないと、いけません。成年後見人から家族信託を壊されてしまうこともあるのです。
14日 4月 2019
最近では、マスコミなどでも取り上げられることが増えてきた相続法の改正ですが、特に「配偶者居住権」に注目が集まっています。 残された配偶者の住処に加え、老後資金を確保しやすくするというのが一番の目的とさせていますが、これだけではありません。
20日 3月 2019
こんにちは、信託コンサルタンタントの宿輪です。 民事信託(家族信託)は、制度ができてから10年以上経ちますが、実際に使われ出したのは最近の事で、身近で実例を見た方は少ないと思います。 この「信託情報」では、皆様の信託に対する疑問をランダムに取り上げ解説しています。

さらに表示する