04日 9月 2019
現在、中小企業経営者の平均年齢は60歳を超え、事業承継は緊急の課題となっています。 しかし、今後10年間で70歳を超える経営者約245万人の約半分の127万人は後継者が決まっていません。 後継者の能力、人選、税金など、たくさんの問題をクリアしなければなりません。...
13日 7月 2019
判断能力に問題がある方を守るための制度としては、後見制度があります。 しかし、この制度では家庭裁判所が関与した管理となり、面倒な手続きや費用が発生してしまいます。 民事信託(家族信託)を使えば、家族が裁判所の関与なく、財産管理を続けることができます。
家族信託VS成年後見 · 04日 6月 2019
民事信託(家族信託)と任意後見は補完しあう関係でもあり、同時に成り立つ制度です。 しかし、後見制度の中でも「成年後見」はどうでしょうか。 これは注意しないと、いけません。成年後見人から家族信託を壊されてしまうこともあるのです。
14日 4月 2019
最近では、マスコミなどでも取り上げられることが増えてきた相続法の改正ですが、特に「配偶者居住権」に注目が集まっています。 残された配偶者の住処に加え、老後資金を確保しやすくするというのが一番の目的とさせていますが、これだけではありません。
20日 3月 2019
こんにちは、信託コンサルタンタントの宿輪です。 民事信託(家族信託)は、制度ができてから10年以上経ちますが、実際に使われ出したのは最近の事で、身近で実例を見た方は少ないと思います。 この「信託情報」では、皆様の信託に対する疑問をランダムに取り上げ解説しています。
認知症になった場合の生活保全のための制度として「任意後見」というものがあります。任意後見では、後見人を本人の意思で指定でき、身上監護の部分まで代理人として行うことができます。(ただし、家庭裁判所から後見監督人を付けられます。) 財産の大部分を信託契約して受益者に託し、受託者を任意後見人に指定すれば、信頼する家族の一人にすべてお任せできることになります。 受託者と任意後見人の兼務は好ましいことなのでしょうか?
21日 2月 2019
こんにちは、信託コンサルタンタントの宿輪です。 民事信託(家族信託)は、制度ができてから10年以上経ちますが、実際に使われ出したのは最近の事で、身近で実例を見た方は少ないと思います。 この「信託情報」では、皆様の信託に対する疑問をランダムに取り上げ解説しています。
共有不動産の信託設定 · 07日 2月 2019
家族信託(民事信託)では、既に共有名義になっている不動産を信託財産として、受託者に管理を託す場合があります。 管理が一元化され、処分のタイミングを逃すようなことが防止できますし、共有者の一人が認知症になったとしても、何の支障もでなくなります。
06日 2月 2019
こんにちは、信託コンサルタンタントの宿輪です。 民事信託(家族信託)は、制度ができてから10年以上経ちますが、実際に使われ出したのは最近の事で、身近で実例を見た方は少ないと思います。 この「信託情報」では、皆様の信託に対する疑問をランダムに取り上げ解説しています。
18日 1月 2019
こんにちは、信託コンサルタンタントの宿輪です。 民事信託(家族信託)は、制度ができてから10年以上経ちますが、実際に使われ出したのは最近の事で、身近で実例を見た方は少ないと思います。 この「信託情報」では、皆様の信託に対する疑問をランダムに取り上げ解説しています。

さらに表示する